認知症回避関連の論文

健康な高齢者における身体活動の認知機能への影響 -2020.6.16

2020年6月16日

身体活動が少ないことは、アルツハイマー病発症に関わる生活習慣危険因子の中で最も重要な因子であると言われていることから、健康な高齢者(55歳以上)の認知パフォーマンスに対する身体活動の影響に関する55報の論文を調査したレビュー。

研究方法

PubMed、Web of Science、Scopusの3つのデータベースで見つかった利用可能な研究を体系的に電子文献検索した。

研究結果

高齢者のあらゆる身体活動が認知機能の改善にプラスの影響を与えていた。
さらに、ダンスはその複数のメカニズムにより、健康な高齢者の認知機能の向上に最も大きな効果をもたらしていた。
健康な高齢者の認知能力の維持・向上には、ほとんどすべての身体活動がプラスの影響を与える可能性があることが示唆されました。

論文情報

The Impact of Physical Activities on Cognitive Performance among Healthy Older Individuals

掲載誌 Brain Sci. 2020 Jun; 10(6): 377.
承認日 2020年6月16日
DOI 10.3390/brainsci10060377

-認知症回避関連の論文
-,

Copyright© 30代からはじめる認知症回避プロジェクト , 2020 All Rights Reserved .