認知症回避関連の論文

プロトンポンプ阻害剤はアセチルコリン生合成酵素の阻害剤として、前例のない効力を発揮する。 -認知症発症率とこれらの関係において欠けている部分 -2020.5.8

2020年5月8日

胃酸の分泌を抑える薬であるプロトンポンプ阻害薬が認知症リスクを増加させるメカニズムを説明するために、これまでにないプロトンポンプ阻害薬の作用機序を探るために行われた研究。

研究方法

アセチルコリンの生合成を担うコアコリン作動性酵素であるコリンアセチルトランスフェラーゼに対する6種類のプロトンポンプ阻害薬のコンピュータドッキング解析および酵素学的評価を行った。

研究結果

コンピュータ解析では実験に用いたプロトンポンプ阻害剤すべてがコリンアセチルトランスフェラーゼと結合可能であることが示された。
酵素学的評価では、プロトンポンプ阻害剤がコリンアセチルトランスフェラーゼを阻害してアセチルコリンの生成が低下し、結合が強いほど阻害効果が強くなることを発見した。

プロトンポンプ阻害薬の長期使用は、認知症の発症率を増加させる可能性があることが示唆されています。

-認知症回避関連の論文
-,

Copyright© 30代からはじめる認知症回避プロジェクト , 2022 All Rights Reserved .