月別アーカイブ:2020年10月

no image

認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

成熟したホップの苦味酸の補給は、主観的な認知機能低下を伴う健康な高齢者の認知能力と気分状態を改善する₋2020.6.30

2020/10/29  

マウスによる研究では成熟したホップの苦味酸(MHBA)の投与は認知機能とうつ病を改善すると報告されている。そのため、認知機能低下が認められた健康な高齢者98名を対象に認知機能と気分状態に対するMHBA ...

no image

認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

高齢の2型糖尿病患者における低血糖症と認知症リスク:人口ベースのコホート研究の傾向スコアに基づく分析-2019.10.23

2020/10/29  

2型糖尿病は、認知症のリスク増加と関連していると言われているが、低血糖が認知症に及ぼす影響についてはよく分かっていない。そのため、低血糖が2型糖尿病の高齢患者の認知症のリスクを高めるかどうかを評価する ...

no image

認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

チアミンの減少は、脳梗塞による認知障害の予測因子-2020.8.5

2020/10/28  

チアミン(ビタミンB1)の減少は、アルツハイマー病によって引き起こされる認知障害に関連していると報告されているが、急性虚血性脳卒中後の認知障害との関連は調べられていない。そこで、急性脳梗塞の患者182 ...

no image

認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

一人暮らしと晩年の認知機能-2019年3月~4月

2020/10/28  

一人暮らしは社会的孤立や孤独のリスクを高めることにつながり、認知機能低下を悪化させる可能性がある。そこで、認知障害やうつ病のない65歳以上(平均年齢73歳)の高齢者1498名を2年間追跡し、一人暮らし ...

no image

認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

魚の摂取は健康な人の脳の構造に影響を与え、認知能力を向上させる可能性がある-2020.3.20

2020/10/19  

31~59歳の76名の参加者を対象に、認知的に正常な被験者における魚の摂取量、脳構造、および軽度認知障害(MCI)の関係を調査した。 研究方法 魚の摂取量は簡易型自記式食事歴法質問票(BDHQ)を使用 ...

no image

認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

中年から晩年における握力の低下は日本の地域社会における認知症と関連している:久山研究-2020.1.5

2020/10/19  

認知症でない中年期から晩年期の日本人において、握力の低下と認知症との関連を調べるために行われた前向きコホート研究。 研究方法 60〜79歳(平均年齢68歳)の高齢者1,055名を24年間(1988〜 ...

no image

認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

軽度アルツハイマー病患者における認知機能と白質高信号に対するビタミンDの効果-2019.11.26

2020/10/12  

白質高信号(WMH)は、加齢に伴う脳血管病変を表すと考えられ、また、ビタミンDの血清レベルが低いことは脳血管障害の危険因子であり、アルツハイマー病患者の認知機能低下に関連するWMHの発症に関わっている ...

no image

認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

低ビタミンB12状態と高葉酸または葉酸塩との組み合わせ:NHANESに参加したアメリカの高齢者の国を代表する断面サンプルにおける認知症機能との潜在的だが一貫性のない関連-2020.8.29

2020/10/12  

全国健康栄養調査(NHANES)に参加した60歳以上の高齢者2,420名を対象にし、低ビタミンB12および高葉酸レベルと認知機能との関係を調べた横断研究。 研究方法 葉酸については代謝されていない血清 ...

Copyright© 30代からはじめる認知症回避プロジェクト , 2020 All Rights Reserved .