関連ニュース・論文

no image

認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

チアミンの減少は、脳梗塞による認知障害の予測因子-2020.8.5

2020/10/28  

チアミン(ビタミンB1)の減少は、アルツハイマー病によって引き起こされる認知障害に関連していると報告されているが、急性虚血性脳卒中後の認知障害との関連は調べられていない。そこで、急性脳梗塞の患者182 ...

no image

認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

一人暮らしと晩年の認知機能-2019年3月~4月

2020/10/28  

一人暮らしは社会的孤立や孤独のリスクを高めることにつながり、認知機能低下を悪化させる可能性がある。そこで、認知障害やうつ病のない65歳以上(平均年齢73歳)の高齢者1498名を2年間追跡し、一人暮らし ...

no image

認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

魚の摂取は健康な人の脳の構造に影響を与え、認知能力を向上させる可能性がある-2020.3.20

2020/10/19  

31~59歳の76名の参加者を対象に、認知的に正常な被験者における魚の摂取量、脳構造、および軽度認知障害(MCI)の関係を調査した。 研究方法 魚の摂取量は簡易型自記式食事歴法質問票(BDHQ)を使用 ...

no image

認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

中年から晩年における握力の低下は日本の地域社会における認知症と関連している:久山研究-2020.1.5

2020/10/19  

認知症でない中年期から晩年期の日本人において、握力の低下と認知症との関連を調べるために行われた前向きコホート研究。 研究方法 60〜79歳(平均年齢68歳)の高齢者1,055名を24年間(1988〜 ...

no image

認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

軽度アルツハイマー病患者における認知機能と白質高信号に対するビタミンDの効果-2019.11.26

2020/10/12  

白質高信号(WMH)は、加齢に伴う脳血管病変を表すと考えられ、また、ビタミンDの血清レベルが低いことは脳血管障害の危険因子であり、アルツハイマー病患者の認知機能低下に関連するWMHの発症に関わっている ...

no image

認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

低ビタミンB12状態と高葉酸または葉酸塩との組み合わせ:NHANESに参加したアメリカの高齢者の国を代表する断面サンプルにおける認知症機能との潜在的だが一貫性のない関連-2020.8.29

2020/10/12  

全国健康栄養調査(NHANES)に参加した60歳以上の高齢者2,420名を対象にし、低ビタミンB12および高葉酸レベルと認知機能との関係を調べた横断研究。 研究方法 葉酸については代謝されていない血清 ...

no image

認知症回避関連の論文

中高年アメリカ成人における低~中程度の飲酒と認知機能との関係-2020.6.29

2020/10/2    

低~中程度の飲酒と様々な認知機能との関連を調査するために、19,887名の高齢者(平均年齢61.8歳)を約9年間追跡したコホート研究。 研究方法 調査は2年ごとに行われ、認知機能は3つのドメイン(総単 ...

no image

認知症回避関連の論文

健康な高齢者における身体活動の認知機能への影響 -2020.6.16

身体活動が少ないことは、アルツハイマー病発症に関わる生活習慣危険因子の中で最も重要な因子であると言われていることから、健康な高齢者(55歳以上)の認知パフォーマンスに対する身体活動の影響に関する55報 ...

no image

認知症回避関連の論文

心血管リスクと脳の構造的変化と認知機能低下の関連性-2020.5.26

2020/10/2    

心血管リスク負荷が認知機能の低下および脳の構造的差異と関連しているかどうかを検討することを目的として、認知症でない1,588人(平均年齢79.5歳)を21年間追跡調査したコホート研究。 研究方法 心血 ...

no image

認知症回避関連の論文

プロトンポンプ阻害剤はアセチルコリン生合成酵素の阻害剤として、前例のない効力を発揮する。 -認知症発症率とこれらの関係において欠けている部分 -2020.5.8

胃酸の分泌を抑える薬であるプロトンポンプ阻害薬が認知症リスクを増加させるメカニズムを説明するために、これまでにないプロトンポンプ阻害薬の作用機序を探るために行われた研究。 研究方法 アセチルコリンの生 ...

Copyright© 30代からはじめる認知症回避プロジェクト , 2020 All Rights Reserved .