認知症回避関連の論文

高齢者における緑茶と認知機能との関連:鶴ヶ谷プロジェクト(東北大学) - 2006.2.1

2002年に行われた包括的老齢査定に参加した、仙台市鶴谷ケ谷に住む70歳以上の1,003名のデータを解析した横断研究。

緑茶の摂取量を次の8カテゴリーに分け(1杯(100ml)/週 未満、1杯/週, 2~3杯/週, 4~6杯/週, 1杯/日, 2~3杯/日, 4杯/日 以上)、認知症診断で使われる対面テストMMSEで26点未満を認知症と判断し、普段の食生活の状況を確認。

結果、緑茶を1日2杯以上飲む人は認知症と判断されにくかった。
緑茶の摂取量が多いほど、認知障害の罹患率が低くなる可能性があることが報告されました。

論文情報

Green tea consumption and cognitive function: a cross-sectional study from the Tsurugaya Project

掲載誌:The American Journal of Clinical Nutrition, Volume 83, Issue 2, February 2006, Pages 355–361
掲載日:2006年2月1日
DOI:10.1093/ajcn/83.2.355

-認知症回避関連の論文
-,

Copyright© 30代からはじめる認知症回避プロジェクト , 2020 All Rights Reserved .