認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

橈骨遠位端、股関節、脊椎の骨折後の認知症リスクの増加-2020.3.6

脆弱性骨折は、一般的に橈骨遠位部、股関節、および脊椎に発生し、認知症との関連性が示唆されている。そこで、橈骨遠位端骨折、股関節骨折、脊椎骨折後の認知症のリスクを評価するために、韓国に住む1,025,340名を2002~2013年まで追跡したコホート研究のデータを解析した。

研究方法

参加者のうち認知症と診断されたのは13,102名で、このコホートの中で2002年から2013年までに認知症と診断されたことのない参加者(コントロール群)41,548名と1:4で照合された。なお、年齢層は60-64歳、65-69歳、70-74歳、75-79歳、80-84歳、85歳以上と5年間隔で分類し、サブグループ分析では、参加者を年齢(70歳未満および70歳以上)、性別(男性および女性)、居住地域(都市および地方)で分けた。

研究結果

橈骨遠位端骨折、股関節骨折、脊椎骨折の発生率は、認知症群の方がコントロール群よりも高く、認知症のオッズ比(OR)は非骨折群よりも橈骨遠位端骨折群(OR=1.23)、股関節骨折群(OR=1.64)、脊椎骨折群(OR=1.31)で高かった。また、サブグループ分析でも、脆弱性骨折群で認知症に対して高いORを示した。

60歳以上の人では、橈骨遠位部、股関節、脊椎の骨折歴は、認知症のリスクを高める可能性があります。

論文情報

Increased risk of dementia after distal radius, hip, and spine fractures

掲載誌 Medicine (Baltimore) . 2020 Mar;99(10):e19048.
掲載日 2020年3月6日
DOI 10.1097/MD.0000000000019048.

-認知症回避関連の論文, 関連ニュース・論文

Copyright© 30代からはじめる認知症回避プロジェクト , 2021 All Rights Reserved .