認知症回避関連の論文

カフェイン摂取と認知症(probable)または包括的認知障害のリスクとの関係:女性の健康イニシアチブ記憶研究-2016.12.14

2016年12月14日

アメリカで行われたホルモン補充療法と認知機能に関する調査(WHIMS)に参加した65~80歳の女性 6,467名を10年間(もしくはそれ未満)追跡したコホート研究。

研究結果

カフェイン摂取量が中央値を上回って摂取した人(1日あたり平均261mgカフェイン摂取)では、中央値を下回って摂取していた人(1日あたり平均64mgカフェイン摂取)よりも認知症と診断された割合が低かった。
カフェイン摂取量が多い高齢女性は認知症または認知障害の可能性が低いことが示唆されました。

論文情報

Relationships Between Caffeine Intake and Risk for Probable Dementia or Global Cognitive Impairment: The Women’s Health Initiative Memory Study

掲載誌 The Journals of Gerontology: Series A, Volume 71, Issue 12, 14 December 2016, Pages 1596–1602
承認日 2016年12月14日
DOI 10.1093/gerona/glw078

-認知症回避関連の論文
-,

Copyright© 30代からはじめる認知症回避プロジェクト , 2020 All Rights Reserved .