認知症回避関連の論文

茶の摂取量と認知障害リスクとの関連に関するメタアナリシス -2016.11.8

2016年11月8日

研究方法

茶の摂取量と認知症リスクに関する論文26報のメタアナリシス。

研究結果

茶の摂取が老齢者における認知機能障害(Col)、軽度認知障害(MCI)、認知機能低下のリスク低下に関連していた。
茶の摂取量とアルツハイマー病との関連は不明であるが、茶の摂取はCol、MCIおよび認知機能低下のリスク軽減に関連していることが示唆されました。

論文情報

Meta-Analysis of the Association between Tea Intake and the Risk of Cognitive Disorders

掲載誌 PLoS ONE 11(11): e0165861.
承認日 2016年11月8日
DOI 10.1371/journal.pone.0165861

-認知症回避関連の論文
-, ,

Copyright© 30代からはじめる認知症回避プロジェクト , 2020 All Rights Reserved .