認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

妊娠損失とその後の認知症のリスク:デンマークの全国規模にコホート研究、1977~2017年-2019.4.30

妊娠損失(流産、死産)は、動脈硬化性疾患や糖尿病のリスクを高め、動脈硬化性疾患と糖尿病はともに認知症の予測因子であることから、妊娠損失は認知症リスク増加と関連している可能性がある。そこで、1977~2015年の期間にデンマークで少なくとも1回の妊娠が出産、流産、または死産で終わる15歳以上女性1,243,957名を対象にコホート研究を実施し、妊娠損失歴のある女性とない女性の認知症リスクを比較した。

研究方法

流産は、妊娠7~22週の間の稽留流産または自然流産と定義し、妊娠8週以内の奇胎妊娠、人工妊娠中絶(外科的または内科的)、子宮外妊娠、およびその他の異常な受胎生成物による流産は無視した。死産については、1977~2003年の期間では28週目以降、2004~2015年の期間では22週目以降に発生した妊娠損失を死産と定義した。認知症は、アルツハイマー病、血管性認知症、その他/不詳の認知症に分類された。

研究結果

女性1人当たりの追跡期間の中央値は21.6年で追跡終了時に65歳以上であった女性は10%だった。追跡終了時に死産歴があったのは10,440名、1回の流産歴があったのは203,654名、2回以上の流産歴があったのは47,185名、認知症と診断された女性は2,188名だった。死産歴のある女性は妊娠損失歴のない女性と比較し、全体の認知症リスクが86%上昇していた。また、流産歴は、1回でも、2回以上の経験でも、妊娠損失歴のない女性と比較して全体の認知症リスクとは関連しなかった。

死産と認知症は関連している可能性があり、女性の認知症リスクを評価する際には死産歴を考慮した方が良いかもしれません。

論文情報

Pregnancy loss and risk of later dementia: A nationwide cohort study, Denmark, 1977-2017

掲載誌 Alzheimers Dement (N Y) . 2019 Apr 30;5:146-153.
掲載日 2019年4月30日
DOI 10.1016/j.trci.2019.02.006.

-認知症回避関連の論文, 関連ニュース・論文

Copyright© 30代からはじめる認知症回避プロジェクト , 2021 All Rights Reserved .