認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

COVID-19と認知症:米国の電子健康記録からのリスク、格差、および結果の分析-2021.2.9

米国の認知症患者におけるCOVID-19のリスク、格差、結果に関するデータは限られている。そこで、認知症とCOVID-19の関係を調べるために、2020年2月から8月の期間に米国に住む18歳以上の成人および高齢患者61,916,260名を対象に電子健康記録(EHR)について遡及的症例対照分析を行った。

研究方法

認知症は「アルツハイマー病(AD)」、「血管性認知症」、「老年性認知症」、「初老期認知症」、「心的外傷後認知症」の5種類を対象とし、COVID-19と認知症患者の6か月間の死亡リスクと入院リスクについて、認知症とCOVID-19の有無で比較した。

研究結果

認知症患者はCOVID-19のリスクが有意に増加していた。各認知症患者におけるCOVID-19のオッズ比は、「血管性痴呆:3.17 」、「初老期認知症:2.62」、「老人性認知症:1.99」、「アルツハイマー病:1.86」、「心的外傷後認知症:1.67」だった。認知症の黒人は白人よりもCOVID-19のリスクが高く、ADと血管性認知症では同様の人種間格差がみられた。また、COVID-19と認知症は6ヵ月死亡リスクに相乗効果があり、認知症とCOVID-19を有する患者の6ヵ月死亡リスクは、COVID-19を有するが認知症がない患者や認知症があるがCOVID-19を有さない患者よりも高かった。

米国の認知症患者はCOVID-19のリスクが高い可能性があります。

論文情報

COVID‐19 and dementia: Analyses of risk, disparity, and outcomes from electronic health records in the US

掲載誌 Alzheimers Dement . 2021 Feb 9.
掲載日 2021年2月9日
DOI 10.1002/alz.12296.

-認知症回避関連の論文, 関連ニュース・論文

Copyright© 30代からはじめる認知症回避プロジェクト , 2021 All Rights Reserved .