認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

80歳以上の中国人成人におけるAPOEε4遺伝子型およびライフスタイルと認知機能との関連:横断的研究-2021.6.1

アポリポ蛋白E(APOE)ε4は、認知障害とアルツハイマー病(AD)の重要な遺伝的危険因子だが、喫煙、飲酒、食事、身体活動などのライフスタイル要因も認知に影響を与えると言われている。そこで、ライフスタイルと認知機能の関連性がAPOE遺伝子型によって異なるかどうかを、中国で進行中の縦断的健康長寿研究に参加した80歳以上(平均年齢90.1歳)の6,160名を対象にデータ調査した。

研究方法

認知機能はMini-Mental State Examination (MMSE)を用いて調べ、健康的なライフスタイルプロファイルは、喫煙、アルコール消費、食事パターン、身体活動、および体重を含む複合測定によって3つのグループに分類された。 APOE遺伝子型についてはAPOEε4キャリアと非キャリアに分類された。

研究結果

現在の身体活動と好ましい食事パターンは認知障害の確率が低いことと有意に関連し、不健康なライフスタイルの参加者と比較して中程度および健康的なライフスタイルプロファイルの参加者は28%および55%認知障害のオッズが低かった。また、APOEε4非キャリアはε4対立遺伝子を保有する人と比較し、認知障害のオッズが17%低かった。

APOE遺伝子型に関係なく、より健康的なライフスタイルが高齢者のより良い認知機能と関連している可能性があります。

論文情報

Association of APOE ε4 genotype and lifestyle with cognitive function among Chinese adults aged 80 years and older: A cross-sectional study

掲載誌 PLoS Med . 2021 Jun 1;18(6):e1003597.
掲載日 2021年6月1日
DOI 10.1371/journal.pmed.1003597.

-認知症回避関連の論文, 関連ニュース・論文

Copyright© 30代からはじめる認知症回避プロジェクト , 2021 All Rights Reserved .