認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

認知障害のある血液透析患者におけるチアミンと葉酸のパイロット研究-2021.04.29

血液透析患者の認知機能の改善に対するチアミンと葉酸の補給の有効性を調査した。

研究方法

認知障害をもつ(※)血液透析患者50名(18~80歳)を対象とし、治療群 ( n = 25、葉酸 30 mg/日+チアミン 90 mg/日) とプラセボ群 ( n = 25)に分けて 96 週間追跡調査した。
メイン評価項目はMoCA スコアの改善とし、副次評価項目は、ホモシステイン レベル、生存率、および安全性とした。

この試験は、仁済病院倫理委員会、上海交通大学医学部で承認されました。

※モントリオール認知評価 (MoCA;簡易な軽度認知障害のスクリーニングツール) スコアが 26 未満

研究結果

96週間後、治療群のMoCAスコアがベースライン21.95±3.81から25.68±1.96に増加した(プラセボ群では、MoCAスコアが20.69±3.40から19.62±3.58)。 また、96週間後の治療群では血清ホモシステインレベルを低下させた。

追跡期間中に、治療群とプラセボ群でそれぞれ 3 人の患者と 9 人の患者が死亡したが、治療群の有害事象の割合はプラセボ群よりも有意に低かった。

結論

認知障害のある血液透析患者に対し、葉酸とチアミンを与えることでMoCA スコアが大幅に改善された。

論文情報

A pilot study of thiamin and folic acid in hemodialysis patients with cognitive impairment

掲載誌 Ren Fail . 2021 Dec;43(1):766-773.
掲載日 2021年04月29日
DOI 10.1080/0886022X.2021.1914656.

-認知症回避関連の論文, 関連ニュース・論文
-, ,

Copyright© 30代からはじめる認知症回避プロジェクト , 2023 All Rights Reserved .