認知症回避関連の論文

ヒトの歯周病の歯茎でアミロイドβが産生(九州大学) - 2019.11.12

2019年1月にアルツハイマー型認知症患者の脳に、歯周病原因菌のジンジバリス菌(Pg菌)が存在したこと(※1)が報告されています。

(※1)Porphyromonas gingivalis in Alzheimer's disease brains: Evidence for disease causation and treatment with small-molecule inhibitors.
Sci Adv. 2019 Jan 23;5(1):eaau3333. doi: 10.1126/sciadv.aau3333. eCollection 2019 Jan.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30746447

今回の九州大学の研究では、ヒトの歯周病の歯茎における脳内老人斑成分アミロイドβ(Aβ)の生産、マウス肝臓においてPg菌による炎症を起こしたマクロファージがAβを産生すること、カテプシンBがマクロファージにおいて炎症の誘発とAβ産生に関与していることが報告されました。

九州大学
世界初ヒト歯周病の歯茎で脳内老人斑成分が産生されていることが判明
〜歯周病によるアルツハイマー型認知症への関与解明の新展開〜

論文情報

Porphyromonas gingivalis Infection Induces Amyloid- Accumulation in Monocytes/Macrophages

掲載誌:Journal of Alzheimer’s Disease, vol. 72, no. 2, pp. 479-494, 2019
掲載日:2019年11月12日
DOI:10.3233/JAD-190298

-認知症回避関連の論文
-, , ,

Copyright© 30代からはじめる認知症回避プロジェクト , 2020 All Rights Reserved .