認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

オメガ3脂肪酸、カロテノイド、ビタミンEの補給は、高齢者の作業記憶を改善します:無作為化臨床試験 -2022.02.01

2022年7月28日

高齢者の認知能力に対するオメガ3系脂肪酸、カロテノイド、ビタミンEの補給の複合効果を調査した。

研究方法

方法として、 65歳以上の認知的に健康な個人60名に対し、毎日、 魚油1g(DHA430 mg、EPA90 mg)、カロテノイド22 mg(ルテイン10 mg、メソゼアキサンチン10 mg、ゼアキサンチン2 mg)およびビタミンE15mgを1日2カプセルとし、食事と一緒に24ヶ月間摂取した(=アクティブ群とする。二重盲検プラセボ対照無作為化臨床試験)。

研究結果

結果、24ヶ月の摂取後、アクティブ群(n =30;69.03±4.41歳;56.7%女性)は、プラセボ群(n =30;69.77±3.74歳;70%女性)と比較して、ワーキングメモリタスクのエラーが有意に少なかった。

興味深いことに、ワーキングメモリタスクの認知的負荷が増加するほど、アクティブ群はプラセボ群をより上回った。

さらに、組織中のカロテノイド濃度の変化の大きさ、組織カロテノイド濃度、血清キサントフィルカロテノイド濃度、および血漿オメガ3系脂肪酸濃度の統計的に有意な改善も、アクティブ群で観察された。

結論

結論として、これらの栄養素が相乗的に、そして用量依存的に作用して、認知的に健康な高齢者の作業記憶を改善するという生物学的にもっともらしい理論的根拠を示している。

カロテノイドとオメガ3系脂肪酸の栄養摂取量を増やすことが、後年の認知機能低下と認知症のリスクを減らすのに有益であると証明されるかもしれない。

論文情報

Omega-3 fatty acid, carotenoid and vitamin E supplementation improves working memory in older adults: A randomised clinical trial

掲載誌 Clin Nutr. 2022 Feb;41(2):405-414.
掲載日 2022年02月01日
DOI 10.1016/j.clnu.2021.12.004.

-認知症回避関連の論文, 関連ニュース・論文
-, ,

Copyright© 30代からはじめる認知症回避プロジェクト , 2022 All Rights Reserved .