認知症回避関連の論文 関連ニュース・論文

食事中のビタミンB群と高齢者の10年間における認知症リスク-2016.11.26

研究方法

フランス人高齢者を対象とした大規模なコホート研究で、食事中のビタミンB群(ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12)と長期にわたる認知症の関連性を評価した。

対象は認知症がない1,321名の高齢者(調査時点:平均75.8歳、範囲:67.7~94.9歳)とし、平均7.4年間追跡した。

研究結果

食事からの葉酸の摂取量が多いほど、認知症リスクと逆相関していた。
葉酸摂取量がもっとも多い人は少ない人に対し、認知症リスクが約50%低かった。食事中のビタミンB6、B12と認知症リスクとの関連性は見られなかった。

平均1日摂取量(ベースライン)は、ビタミンB6:1.5mg/日、葉酸:278.3μg/日、ビタミンB12:5.7μg/日だった。

結論

フランス人を対象としたコホートでは、ベースラインよりも葉酸摂取量が多い人ほど認知症のリスクが低下した。

論文情報

Dietary B Vitamins and a 10-Year Risk of Dementia in Older Persons

掲載誌 Nutrients. 2016 Dec; 8(12): 761.
掲載日 2016年11月26日
DOI 10.3390/nu8120761

-認知症回避関連の論文, 関連ニュース・論文
-, , ,

Copyright© 30代からはじめる認知症回避プロジェクト , 2022 All Rights Reserved .