認知症回避関連の論文

no image

認知症回避関連の論文

6ヶ月の高用量オメガ3およびオメガ6多価不飽和脂肪酸と抗酸化ビタミン補給が認知機能と軽度認知障害のある高齢者の機能的能力に及ぼす影響-2020.1.26

抗酸化ビタミンと高用量のオメガ3系およびオメガ系6脂肪酸のを組み合わせたサプリメント補給が、軽度認知障害(MCI)の高齢者の認知機能および機能的能力に及ぼす影響を調べた6か月間の無作為化二重盲検プラセ ...

no image

認知症回避関連の論文

認知機能低下に対するクルミを使った2年間の食事療法介入の効果。クルミと健康的な老化(WAHA)研究:無作為化比較試験-2020.1.7

2020/8/21    

クルミはオメガ3系脂肪酸であるα-リノレン酸の他にポリフェノールが豊富に含まれており、認知機能低下の2つの要因である酸化ストレスと炎症を抑制する。クルミの摂取が認知機能に及ぼす影響を検証するために、2 ...

no image

認知症回避関連の論文

ヒトの歯周病の歯茎でアミロイドβが産生(九州大学) - 2019.11.12

2019年1月にアルツハイマー型認知症患者の脳に、歯周病原因菌のジンジバリス菌(Pg菌)が存在したこと(※1)が報告されています。 (※1)Porphyromonas gingivalis in Al ...

no image

認知症回避関連の論文

血中トランス脂肪酸濃度の上昇が認知症発症に関与する可能性を報告(九州大学) - 2019.10.23

WHOが生活習慣病を防ぐため、総摂取エネルギーの1%に相当する量よりも少なくすること(※1)としているトランス脂肪酸。 (※1)Call for public comments on the draf ...

no image

認知症回避関連の論文

難聴と軽度認知障害有症率の上昇と関連(愛媛大学) - 2019.7.25

2017年7月、国際アルツハイマー病会議(AAIC)において、ランセット国際委員会が「認知症の症例の約35%は潜在的に修正可能な9つの危険因子に起因する」と発表し、「聴覚障害(難聴)」は「肥満」や「高 ...

no image

認知症回避関連の論文

軽度認知障害を持つ個人における植物性乳酸菌C29発酵大豆(DW2009)の有効性と安全性:12週間の多施設無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験-2019.2.1

軽度認知障害(MCI)に対する植物性乳酸菌C29発酵大豆(DW2009)の有効性と安全性を評価した12週間の多施設無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験。 研究方法 55~85歳の100名のMCI患者を ...

no image

認知症回避関連の論文

血中ビタミンCの高値が、ApoE4を持つ高齢女性の認知機能低下リスク減少に関与することを報告(金沢大学) - 2018.3.19

アルツハイマー型認知症の遺伝的危険因子として知られるアポリポ蛋白E E4(ApoE4)。 血中ビタミンC濃度が、ApoE4を保有する高齢日本人女性の認知機能低下リスクと関連することが、金沢大学の研究で ...

no image

認知症回避関連の論文

カフェイン摂取と認知症(probable)または包括的認知障害のリスクとの関係:女性の健康イニシアチブ記憶研究-2016.12.14

アメリカで行われたホルモン補充療法と認知機能に関する調査(WHIMS)に参加した65~80歳の女性 6,467名を10年間(もしくはそれ未満)追跡したコホート研究。 研究結果 カフェイン摂取量が中央値 ...

no image

認知症回避関連の論文

茶の摂取量と認知障害リスクとの関連に関するメタアナリシス -2016.11.8

研究方法 茶の摂取量と認知症リスクに関する論文26報のメタアナリシス。 研究結果 茶の摂取が老齢者における認知機能障害(Col)、軽度認知障害(MCI)、認知機能低下のリスク低下に関連していた。 茶の ...

no image

認知症回避関連の論文

日本人高齢者における緑茶の消費と認知症のリスク:大崎コホート研究2006 - 2016.10.24

2020/8/21    ,

石川県七尾市中島町に住む60歳以上の方を対象とし、試験開始時に認知機能が正常の723名について金沢大学が追跡調査を行ったコホート研究。 認知症診断で使われる対面テストMMSEと認知症の国際的評価法であ ...

Copyright© 30代からはじめる認知症回避プロジェクト , 2021 All Rights Reserved .